補綴物の種類|福井の坂井市でセラミックを用いた審美歯科、矯正歯科(クリアアライナー・プレオルソ)、インプラント、ホワイトニングはお任せ下さい

補綴物の種類

種類について

一言で補綴物と言っても、どんなものがいいのか、よくわからないといったことはありませんか?
このページではそんな方の為に代表的な物を幾つか紹介します。
またあくまで紹介しているのは一例になりますので、もっと詳細を知りたい方や、他の種類についても気になる方は、直接当院までお問い合わせ下さい。

メタル系

■パラ(保険素材)
保険の治療で必ず使われる金属で、日本特有の金属です。保険の治療を選択した場合は「金銀パラジウム合金」が使われます。メリットとして、金属なので強度が強く、保険適用なので、安価です。しかしデメリットとして、適合や審美性に問題があり、2次カリエスになりやすい材料です。
■ゴールド
ゴールド系は主に「金合金」と「白金加金」等の貴金属を使用します。メリットとして適合が良く、ほとんど錆びることがありません。 金属の溶け出しによる歯茎の変色、金属アレルギーが起こる可能性が低くなります。白金加金は金合金にプラチナを加えたもので、色が銀色に近くなりますが、適度な硬さと耐久性を備えています。奥歯等、あまり目立ない部位で、持ちを重視するのであれば、ゴールドのクラウンが第一選択になります。

セラミック系

■オールセラミック
オールセラミックは、冠全体が「セラミック」で出来ている被せ物です。
メリットとして、透明感があり、ほぼ変色しません。汚れもつきにくく、金属を使用していないので、金属アレルギーが起こる可能性は ありません。天然の歯とほとんど見分けがつかないので、高い審美性を有しています。
■ジルコニア
ジルコニアはメタルボンドの中身の金属の代わりに、白いジルコニアを使用したものです。ケースによっては、ジルコニアのみで製作するオールジルコニアを用いる事があります。メリットとして、透明感があり、ほとんど変色しません。昔はオールジルコニアは透明感が全くなく真っ白なお皿のような色味でしたが、近年材料の開発が進みオールセラミックと同等の審美性となりつつあります。 またジルコニアもオールセラミック同様に金属アレルギーを起こす可能性がありません。

選択基準について

安全性

被せ物を選ぶ基準として、まず一つ挙げるとしたら、やはり安全性です。口腔内という、デリケートな部分に入れる物なので、より安全な物をと考える患者様が多くいらっしゃいます。そういったことから、まずは高い品質管理と、安全な材料を選択する事が大切です。

審美性

そして二つ目に審美性です。ただ虫歯を治すでけでなく、健康的で美しい口元をお求めの患者様も多くいらっしゃいます。審美歯科は、歯が白くなり、健康的で美しくなるだけでなく、きれいになった状態を保ちたいという気持ちから、日常生活生活でのセルフケア意欲も向上し、結果的に虫歯や歯周病の予防にも繋がっていくのでないでしょうか。

耐久性

最後に耐久性です。せっかく入れた被せ物がすぐダメになってしまったり、何度も何度も欠けてしまっては意味がありません。持ちがいいもの入れるのがベストなのは言うまでもありません。なので、各材料の特徴・メリットを知る事が大切です。

料金案内

オールセラミック 70,000円(税抜)
ジルコニア 70,000円(税抜)
セラミックインレー 30,000円~50,000円(税抜)
ゴールドインレー 50,000円~(税抜)
ゴールドFCK 70,000円(税抜)
ファイバーコア 15,000円(税抜) ※セラミックを被せる人は無料