治療の特長|福井の坂井市でセラミックを用いた審美歯科、矯正歯科(クリアアライナー・プレオルソ)、インプラント、ホワイトニングはお任せ下さい

治療の特長

不可能を可能にするインプラント

当院では、ほかの歯科医院で治療を断られた方や、手術が困難と判断された方などの難症例の治療実績が豊富にあります。

例えばインプラントを行う上で骨が不足している方も、骨の再生治療医療によって骨を再生することで埋め込みが可能になるなど、インプラントの適応範囲が拡がりました。虫歯や歯周病などが原因で歯を失った方、骨の幅や高さが足りない方も諦めずにご相談ください。

■ソケットプリザベーション法
抜歯後の骨の吸収を防止するために、抜歯の時点ですぐに骨充填材などを穴に入れて骨を再生させる方法です。骨が痩せて薄くなる前に処置するため、負担が軽く済むのが利点です。
■GBR法
新しい骨の元になる骨充填材を、骨を増やしたい部分に置き、その上から特殊な専用膜を使用して骨の再生を誘導する手術で、骨を造るのと同時に、インプラントを埋め込む場合もあります。
■サイナスリフト法
上の奥歯周辺に骨の高さがない場合に、骨の高さを再生させる治療で、骨充鎮材を用いて骨の不足を補います。

骨再生医療機器メディフュージ

インプラント治療の際に骨を増やす手術をする時などに、大きな力を発揮します。
採取した血液を遠心分離にかけ、血小板とフィブリンを多く含んだ、Platelet Rich Fibrin (PRF) とか、Concentrated Growth Factors (CGF)と呼ばれるゲル状の層を作り出す装置です。

自己血由来ですので、コラーゲンのような動物由来の材料の使用を少なくする事ができ、手術の安全性もより高まり、コストの面でも患者様に大きなメリットがあります。

BRソニック 

BRソニックは本来骨折治療の回復を早める機器として整形外科で使用されているものです。

当院では、これをインプラントの術後に応用しています。術後の顎の骨の新生によってインプラントは固定されます。
そこで、BRソニックを使い、骨組織の形成を早め、インプラントがより早くしっかりと根付くように、いたします。

骨芽細胞と破骨細胞の活性を高めることで、骨再生するだけでなく骨の代謝も促進してくれる優れた機器です。

より安心で安全なインプラント

インプラントのオペにあたっては、立体的に顎の骨格、歯並び、神経や血管の走行を調べられる歯科用CTを完備し、インプラントを埋入する位置を正確に診断します。また、セレックのミリングマシンでサージカルガイドを作成することで、目的の位置にインプラントを埋入することも可能になりました。

CTやサージカルガイドを用いてインプラント治療を行う歯科医院はまだ非常に少ないのが現状です。より安全なシステムを導入することで、より安全で確実な治療をご提供できたらと考えます。

CT診断装置

歯科用のCTは医科用と比べ、被ばく量が8分の1と少なく、人体への影響が少ないという特長があります。
一般の歯科治療ではレントゲンが使用されていますが、インプラント・矯正治療・根管治療など、CT診断装置を使用することで、より精密に診査・診断が出来るようになります。

また、歯周病の進行などを立体画像としてご覧いただけるので患者様にとっても、ご自分の歯の状態がより解りやすくなったと思います。

サージカルガイド

サージカルガイドとは、コンピュータソフトを使用し、従来より正確なシミュレーションを行った上でインプラント治療を行うシステムです。

従来、インプラント治療では切開手術が必要でしたが、シュミレーション診断後、これをもとに作製されたサージカルガイドを使用することにより、原則的に切開手術を行わなくてもよくなりました。その結果、痛みや腫れが、より軽減されるようになりました。