審美治療

審美治療について

審美治療とは、“歯の美しさ”に焦点を当てた治療です。
一般的な保険治療では、虫歯の治療を行うと削ったところや欠けているところに銀色やプラスチックの詰め物をします。保険治療での目的は『機能の回復』という視点の治療であるため、どうしても『見た目の美しさ』で満足のいく治療を受けることはできません。
それに対し、審美治療は、機能的回復に加え、『見た目の美しさ』も満たす治療を行いますので、『虫歯治療の痕が気になる』、『虫歯を治療したいが、きれいに治したい』という方に最適の治療です。

審美治療のデメリット

  • 自費治療になるため、保険診療に比べ費用が掛かります。
  • 審美治療を行う前に歯を削ったり、別の治療を必要とする可能性があります。
  • 補綴物は材質や種類により、見た目や強度に差が出ることがあります。
  • 補綴物は患者様によっては使用できない素材があります。
  • 補綴物が硬過ぎると、噛み合わせたときに歯肉や天然歯を傷つける場合があります。
  • 審美治療で使用する薬剤が患者様によっては痛みを感じたり、しみたりする場合があります。

当院の『ノンメタル治療』が選ばれる理由

保険治療で当たり前に使用されている金属にいくつかの問題があるのはご存知ですか? 金属はアレルギーの原因のひとつであり、経年変化で溶解が起こったり、汚れ(プラーク)が付着しやすいという欠点があります。そこで注力しているのが、詰め物や被せ物に金属を使用しない『ノンメタル治療』です。当院ではセレック・e-max・X5とミリングマシンやハーネスを豊富に取り揃え、患者さんのニーズに沿ったご提案を行っています。

セレックについて

補綴治療で代表的なのが『セレック』というセラミックの治療です。
CADシステム・セレックを使用し、歯科用ミリングマシンでセラミックブロックを削り出すことで、リーズナブルかつ短期間で高精度・高耐久の補綴物をつくることができます。

inLab MC X5について

近年世界的に注目されているデンツプライシロナ社の『inLab MC X5』で削り出す『ジルコニア』は、従来のセラミックより強度が高くしなやかで、奥歯やブリッジの治療に向いています。

e-maxについて

セラミックよりナチュラルなのが、できた補綴物に色を付けていく『e-max』です。
天然歯と同じような色調が確保できるため、前歯など目立つパートの治療にオススメしています。逆に強度が不足していることから、奥歯やブリッジには向きません。

【上記いずれの機器を使用する場合も全て併設している技工所で対応できます】

運営する歯科技工所にマシンを構えており、最短ならその日中、難しい症例でも3日後には補綴物が完成します。仮歯の状態が続くと細菌感染の恐れも生じるため、できるだけ早くの補綴物をセットされることをお薦めします。

料金案内

オールセラミック 70,000円(税抜)
ジルコニア 70,000円(税抜)
セラミックインレー 30,000円~50,000円(税抜)
ファイバーコア 15,000円(税抜)※セラミックを被せる方は無料
お問い合わせネットで予約
TELネット予約お問い合わせ