自費治療について

あなたにあった治療法の選択が重要

歯科診療には、保険が使える『保険治療』と、保険外診療とも呼ばれる『自費治療』の2種類があります。もっともわかりやすい違いは自己負担金額。保険治療の場合は費用を一部負担すればよいので比較的安価に治療が受けられます。保険治療は使用素材や作製方法が限定されているので全国どこでも同様の診療が受けられるのも特徴です。

こちらでは『保険治療』と『自費治療』の違いについて掲載いたします。あなたに合った治療法選択の際の参考にしていただければと思います。

保険治療と自費治療の違い

日本の保険治療では、虫歯治療がメインなので機能回復を目的としています。美しさや使用感などにこだわるためには、保険治療では使用できない素材や作製方法のほうが適している場合があります。

保険治療の特徴 自費治療の特徴
審美性 見た目が不自然になることがある 自然な見た目を保つことができる
機能性 銀歯に使われる素材が天然歯よりも硬いため、天然歯を傷つけることがある 天然歯に近い硬さにでき、天然歯を傷つけにくい
健康面 長期間使用すると金属アレルギーの原因となる可能性がある 金属を使わない治療法だと、金属アレルギーのリスクがない
費用 安価 高価

自費治療のメリット

制限の多い保険治療に比べて、自費治療では、治療内容・材料・治療回数などに制限がないというメリットがあります。そのため、最善の結果がでるように手間をかけて治療ができるのが1番のメリットです。

たとえば、『銀歯が目立って困る』という方には、セラミックなどを用いた自然な色合いの補綴物を作ることや、『入れ歯が痛い』という方には、ご自分の歯のように噛めるインプラント治療を受けることも可能になります。

保険治療に比べると高額になる自費治療ですので、当院では強引におすすめすることはありません。保険治療をベースにおすすめする中で、選択肢のひとつとして自費治療もご提案させていただければと思いますので、歯や口に関するご要望がありましたらご相談ください。

医療費控除の仕組み

医療費控除とは、1年間に支払った医療費の総額が一定金額(10万円)を超える場合、その翌年の確定申告で医療費控除を申告すれば、いくらか税金の還付を受けられる制度です。
保険金などで補填される金額を差し引いて最大200万円分の税金が控除される、または還付金が返還されます。本人と生計を同じにする家族の1月1日から12月31日までの支払いの合計分で計算し、翌年3月半ばまでに申告する必要があります。
医療費控除の申告には、医療機関に支払った治療費の領収書が必要です。

(または合計金額が200万円未満の場合は5%)

お問い合わせネットで予約
TELネット予約お問い合わせ