矯正法の種類

頬側ブラケット矯正

歯に『ブラケット』という装置を取り付け、そこにワイヤーを通して少しずつ歯を動かしていく最もスタンダードな矯正法です。当院では審美ブラケットという白や透明色の目立たない色のブラケットも活用し、矯正を行っております。

メリット
  • 様々な症状の不正咬合治療に対応することができる
デメリット
  • 他の人から装置が見える

料金案内

片顎 300,000円(税抜)
上下顎 500,000円(税抜)

部分矯正(MTM)

部分的に移動させたい歯だけを狙い、目的に応じて歯並びの不具合を改善する矯正法です。歯全体ではなく、前歯の凸凹を治したい、歯と歯の間のちょっとした隙間を埋めたい、などという症例に対して行います。

メリット
  • 気になる部分の歯並びが短期間で整う
  • 治療費が抑えられる
デメリット
  • 対応できる症例が限られている

料金案内

料金 150,000円(税抜)~ ※症例による

舌側矯正

舌側矯正(リンガルブラケット)とは、ワイヤーやブラケットなどの矯正装置を全て歯の裏側に付けるので、表側からは矯正をしていることがほとんど分からなくなる方法です。
最も目立たない方法ですが特殊な装置なので歯科医師の経験が必要です。

マウスピース矯正

患者さまの歯の状態に合わせた透明なカバーを作成し、歯の移動段階に合わせたカバーを装着することで歯を動かしていくのがマウスピース矯正です。
当院ではクリアアライナーを使用しています。またお子様の矯正に用いるプレオルソもマウスピース矯正に当たります。

お問い合わせネットで予約
TELネット予約お問い合わせ